藤沢の歯医者が施すインプラント治療でも万能ではない?

藤沢市の歯医者ではインプラント治療を取り入れているところも増えています。

歯を失っても自分の歯と同じように食事ができる事から、インプラントは画期的な治療法としても大注目です。

しかし全ての人がインプラントを使えるとは限りません。

インプラントは特殊なチタンを顎の骨に埋め込み歯根の代わりにするのですが、顎の骨が脆かったり、歯槽膿漏を悪化させ骨が溶けていたりするとインプラントは使えません。

使えたとしても手術になるため、徹底した衛生管理と専用の手術室で無菌状態で手術を行わないと、二次感染を起こすリスクも高いのです。

藤沢市でも最先端の治療を取り入れている歯医者は、インプラントや口腔外科の治療専用の手術室を完備していますが、一般的な歯医者の場合は普通の診療室で行います。

器具を滅菌し手袋をはめていても、空気中の雑菌が入り込むと二次感染のリスクも高まります。

二次感染を起こすとインプラントを除去しなければいけませんし、次にインプラントが使えるとも限りません。

手術が成功したように思えても、後になって二次感染が発覚すればダメージも大きくなります。

インプラントが適合し、二次感染も起こさなければこれ以上の治療はないと言われていますが、全ての人がそうとは限らない事を覚えておきましょう。

インプラント治療を受ける場合は、かかりつけの歯医者よりも設備の整ったインプラント専門医の方がいい場合もあります。

担当医とよく相談して決めてください。