藤沢の歯医者と末期の虫歯治療

虫歯が神経にまで達して常に激しい痛みがあっても、希にそのまま放って置く人もいます。

放っておくと言っても歯医者が怖いから行かないというわけではなく、仕事が忙しくて治療の時間が取れない人もいることでしょう。

不思議なことに、激しい痛みがずっと続いて、虫歯がいよいよ末期の状態になると痛みは小さくなるようです。

しかも、人によっては全然痛まなかったということもあります。

しかし、これは虫歯が治ったので痛まないわけではありません。

むしろ、虫歯がひどくなって神経が侵されているので、痛みを感じなくなっています。

特に虫歯の進行のスピードがゆっくりの場合神経が徐々に鈍くなり、さらに進行が続くと神経が死んでしまって、最後には痛みを感じなくなります。

虫歯が酷いまま食べ物を噛むと歯の先端が欠けて、根元以外はなくなってしまい、結局は1本まるごと歯を抜くことにもなりかねません。

では、もしも歯を無くしてしまい新しい歯を入れる時にはどんな治療があるでしょうか?一つの方法として、インプラント治療があります。

このインプラントは、欠けた歯に人工の歯根を埋め込んで、その上を人工の歯で覆う治療法です。

この方法により、歯並びが自然な感じになるので、歯と歯のかみ合わせも良くなります。

■関連ページ→歯並び・噛み合わせが悪いとどうなるの JIO 一般社団法人 日本矯正歯科協会

しかし、このインプラント治療は高価なので、藤沢市の歯医者さんでは、1本あたり20万から30万くらいかかります。

もちろん、藤沢市の歯医者でも15万くらいでできるところもありますが、歯は一生付き合うものなので、治療の前にはきちんと考えたいですね。