藤沢の歯医者と象牙質に達した虫歯

私たちの歯には、エナメル質の下に象牙質という硬い部分が存在します。

硬いといっても象牙質は、エナメル質と比べると柔らかいために、虫歯の菌がエナメル質を越えて象牙質に達すると、虫歯が急速に進行してしまいます。

この状態になると、食事の時に冷たい物や甘い物が染みたり、ときどき痛みを感じることもあります。

ここまで来ると、残念ながら歯医者さんに行って、歯を削らなければ治せません。

具体的な方法としては、まず部分麻酔をして、虫歯に侵された象牙質の部分を削ります。

そして、削り取った部分に詰め物をします。

どんな物を詰めるかは、削った部分の大きさによっても異なるようです。

例えば、藤沢市の歯医者さんでは、セラミックインレーという詰め物があります。

価格は、4万円から5万円くらいです。

この材料は、見た目が美しく自然な感じなのが特徴です。

また、精密に作れることや、素材の性質上、詰めた後に虫歯になることが無いという利点もあります。

しかし、一箇所に過度の力をかけると、割れることもあるため取り扱いには注意も必要です。

その他の材料に、白金加金もあり、これは全体の約80パーセントが金属で、セラミックやハイブリッドレジンと比べると目立ってしまうというデメリットはありますが、料金も約3万円から3万5千円と少し安めの価格設定です。

ではこの治療にはどれくらいの時間を費やすのでしょうか?もちろん、症状の度合いによっても違いますが、藤沢市の歯医者さんなら、2回から3回の治療で済む所もあります。