藤沢の歯医者とエナメル質の虫歯

小さい頃は、歯医者さんが嫌いでした。

大人になった今でも、歯医者と聞くと、ドリルで歯に穴を開け、タービンで歯を削られるイメージがあります。

もちろん最近は治療法も進んでいるので、藤沢市の歯医者さんによる治療も大分痛くはなくなっていきましたが、やはり虫歯は早めに治療しておくのが良いでしょう。

一度虫歯になると、ひたすらに進行するのみで、良くなることはありません。

初期段階の小さな虫歯なら、簡単に治療でき、短期間で終わります。

しかし、虫歯は進行すれば進行するほど、治療期間が長くなり、治療も複雑になります。

よって、治療の費用も高くなってしまいます。

その為、歯の表面にあるエナメル質の部分が虫歯になったくらいの段階で治療するのが理想的です。

具体的な治療法としては、虫歯に侵された所を削って、その部分に修復材を詰めるという簡単な作業です。

この治療は痛みを伴わないので麻酔を使わないでも大丈夫ですし、治療の回数も少なくて済むので高額な治療費がかかりません。

しかし、確かにエナメル質が侵される段階で虫歯の治療が出来れば良いのですが、何分痛みが伴わないため、自覚症状がありません。

では、自分の歯が虫歯にかかっていることをどのようにして知ることができるでしょうか?一つの方法として、歯科検診を定期的に受けることができます。

例えば、藤沢市では妊婦歯科健診や成人歯科健康診査を無料で行っているので、藤沢市に在住の人はこうした取り決めを考えてみるといいと思います。